カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

モビール2

店の前の看板モビールを作ってから頭のモードが切り替わらなくなり、店に邪魔なほど作ってしまった。まだまだいくらでもアイデアが出てくるのだけど、カルダーもきっとこんな風に遊んでいたのだろうなあ。
こればかり作っていられないのが辛いところ・・・。そろそろモードを切り替えねば!

resize0095.jpg

resize0097.jpg

スポンサーサイト

PageTop

シブヤさんを囲んで!ミニライブ

カフェギャラリー杢で初ライブをすることになりました。
それも日本ジャズ界の大御所、重鎮、渋谷毅さんのピアノです。
ミニライブですが、7月3日7時頃から、軽く飲みながらピアノを聴くというなんとも贅沢なひとときを過ごすのです。
でも残念ながら30人ぐらいしか入れず、ほとんど席はうまってしまいました。
こんな片田舎の名も知れぬ喫茶店で、何故渋谷さんがライブをしてくれるのか不思議でしょうが、お願いした私も実は不思議に思っているぐらいです。。
渋谷さんとは三十年来のお付き合いですが、今回北海道ツアーの前に遊びに来てくれると言うので、店に出番が無く泣いているピアノがあり、せっかくならジャズを知らぬ友人にも渋谷さんのピアノを聴いてほしいのだとお願いしたところ、まともなギャラも払えぬのに快く、ミニライブをやろうと言ってくれたのです。本当に感謝感謝です。
Jazzは好きなだけで何も知らない私ですが、渋谷さんのピアノがエレガントでロマンチックで美しく、優しさに溢れていることだけは良く分かります。そしてそれはきっと渋谷さんの生きかたからにじみ出てきたものなのでしょう。
ともかく三日のミニライブ楽しみです。

PageTop

塩されてしまったヤマメ

塩されてしまった山女
知者楽水を実践すべく、夕方、川に行き竿を出した。
全く当たり無く、川が死んだのではないかと思い、竿をたたもうとしていた矢先、突然良い型のヤマベが釣れ、居るはずだと思ったポイントでもう一匹。川と魚の気持ち未だ分からぬ。
先日カヤック帰りに寄った川で岩魚の顔を見たのだが、やはりヤマベは別格、実に美しい。渓流の女王と呼ばれる所以である。
釣果はたいしたこと無かったが、ヤマベの顔を見られたし、気持ちよい川歩きであった。

最近、釣りのために川を歩いているのでなく、川歩きをするために釣りをしているのではないかと思うことがある。
実際どこに行こうかと考えた時に先ず優先するのは川の美しさであって、釣果は二の次になっている。渓谷の清流を歩いていると何故か心も清められているような気がし、清清しい気分になるのだ。
何故竿を持っているかと言うと、犬を連れてないと散歩出来ない様なものと同じかもしれない。

PageTop

看板モビール

店の前に、道路に面して看板になるべくモビールをを作った。結構大きく二メートル以上の高さなのだ。
いつも風が吹いているところなので上下左右によく動く。
車で走っている人、通行人、通学している小学生なんかが面白がってくれると思ったのだが、店に来てくれるお客さんでさえその存在に気が付かず、言って初めて気付く次第!
色を付ければ目立つのだろうが、木の特性が消えてしまうしなあ・・・。
店主は、この時代発電しないと意味が無いと言うし、どうも思惑はずれのモビールである。

モビール
海風

PageTop

模様替え

六月もそろそろ半ば、もう夏になると言うのに冬のままだった杢のホームページ、やっと更新できました。
店はとっくに模様替えをしていたのですが、ホームページも衣替えです。
しかし、久しぶりの更新のたび、また一から学習のし直し、忘却力の強さに全く参ってしまいます。

これから野菜の美味しい季節、店で使う野菜はほとんど友人の農家から、無農薬有機栽培のものを仕入れています。

お知らせです。火曜定休ですが、都合により6月29日、30日臨時休業です。ヨロシク!

MOKU

PageTop

知者楽水、仁者楽山

最近、ちょっと面白い言葉を見つけた。
「知者楽水、仁者楽山」と言う諺なのだが、なんと有り難い孔子の言葉なのだ。
意味はいろいろあるようで、行動派の知者と泰然として動かない仁者を対比したようなものらしいが、夏はカヤックで川に漕ぎ出し、冬は深雪を求めて山に登る我が身にとっては実にありがたい言葉である。まあ俺は知と仁を両方多分に備えていると、かってに解釈して悦に入っている次第。やっと見つけた座右の銘である。

しかし待てよ、と言うことはニセコに居る猛者どもは俺よりずっと知と仁を備えていると言うことになるのか・・・・?
落水、落山もずいぶん居るような気がするのだが・・・。

SYU

PageTop

初体験

ホームページを作った流れでブログなるものを始めるはめになった。
全くの気まぐれで書くので、果たして毎日か毎週かひと月ごとになるものか・・・・?
誰も知らぬので先ずは読む人も居ないだろう。
宛先の無い手紙を書いているような気分である。
さてさて、この文が本当にアップされるのかどうか?

SYU

PageTop

test

test

PageTop