カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

帰道して

三日前に、北海道に帰って来ました。
大宮では、二年振りにもかかわらず覚えていて来て下さった方がた、二時間もかけて遠くから、それも2日続けて来て下さった方、ブログを見て酒が好きな様だと珍しい焼酎を持ってきて下さった方など居り、感謝感激、本当に有り難うございました。
北海道はすっかり寒くなっていました。たった十日余りの関東行きでしたが、その間に季節がすっかり変わったようです。行く時はクーラーををかけていた車が今は暖房です。
窓から見える山は上の方は色付き始め、風に吹かれ沖の方まで白波の立った海の色は深い藍色になっています。北海道は秋を通り越して冬の初めです。


昨日の夕方、川を歩いてきた。イタドリの葉は枯れ、黄色くなった川岸の木々もあり、川の水も手に冷たい。
釣り上げた魚も夏のような元気が無く、体も痩せてきている。何故か分からぬが釣り上げた時は実に美しい魚体も暫くすると錆が入ってしまう。そろそろ山女釣りも竿をしまう時かも知れない。五時にはもう薄暗くなり、車に戻る農道を歩いていると糸のような月が西の空にくっきりと白く輝いていた。

今日は丸太を置いているすぐそばに生っている山葡萄を採る。今年は暑かった夏のせいか、実の成りが良く紺黒色の小さな玉がびっしりと房になり、あちこちに垂れ下がっている。
手が届く所は良いのだが、届かぬところは高枝バサミ、脚立の出番となる。前に三メートル位の脚立の上から落ちたことがあった。下に何も無くしばし息が出来ないぐらいで事なきを得たが、とっさに受身をしていた。中学の時柔道部に居たことが在り、受身だけは身に着いていた様だ。
だが、ぶどうのつるはそれ以上に高く伸び、結局梯子の上の木の枝に登ることになる。もう少し、もう少しと、手を伸ばしぶどうを採っているうち、十メートルぐらいの高さに居るのに気付く。山葡萄を採ろうと無理した男、木から落ちて怪我をする、いや死亡する、などと新聞に出るのもみっともないので、たわわに実った房を目の前にしながら木を降りた。
買い物籠二つにはなったのだが、これでワインの瓶三本ぐらい出来れば良いところか・・・。これから一次発酵二次発酵と、ワインになるまでの工程が実に面白く楽しみである。

SYU

スポンサーサイト

PageTop

エレベーター

先日、日本の電化製品が何故世界で売れないかと言うことで、ダイソンの社長が皮肉交じりに「掃除機がしゃべる必要は無い。」と言っていた。余計な機能が付き過ぎの電化製品への警鐘なのだが、カメラ、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、自動車、全くそのとうり。自動販売機でさえしゃべりだし、いい加減にしろ!と思うのだが、何処かの施設に到っては「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」まで電音の声が響く。この無機質の声で癒される人間が居るとしたら、そのほうが怖いと思うのだが、どうなのだろうか?
今、ビジネスホテルの5階の部屋に泊まっている。使っているエレベーターも然り、声を出す。
ちょっと思いついた設定。
出張で同じホテルに泊まっている男女、男がエレベーターに乗り合わせた同僚の女性に意を決して愛を告白する。「俺はずっと君を好きだったんだ。君が優しくしてくれているのは少しは俺を好いているのでは・・・」と言った途端、・・・・・ピンポーン、「ゴカイです」!

SYU

PageTop

大宮にて

今大宮に居る。
ノーベル賞をとった日本人のニュースが入るが、京大の彼が、若い人に言うことは?、との問いに、「教科書を信じない事、教師の言うことをを信じない事、私を含めて。」と言っていた。
振り返ると俺はそれをずっと実践していたんだがなあ・・・。

大宮にはその語源となった立派な神社がある。何年か前、ジョギングをしていて大きな神社を見つけてびっくりした。調べてみると、氷川神社関東一ノ宮、この土地の原点であった。
今回はまだ行っていないのだが期間中に行きたいと思っている。俺は無信教なのだが、ケヤキ並木の立派な参道を歩いて境内に入るとやはり神々しい気配を感じる。たまに手を合わせるのもいいだろうと思いながら、いつも唱える都合よい言葉、「家内安全、無病息災、商売繁盛」。小銭の賽銭で皆がこんなことをお願いするのだから、神様もさぞ大変なことであろう。

SYU

PageTop