カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何もしないキャンプ

暫くブログを書いていなかったのだが、その理由。実は遊びの話ばかりを書いていても能が無いと思い何か他の面白い話を書こうと思っていたら、書く事がなくなってしまった。
このままだと何年先に更新できるか分からないので、結局遊びの話。

先週近くの大岸という海岸にキャンプに行った。これは吹奏楽団の年間行事で30年以上雨が降ろうと風邪が吹こうと所変わるとも欠かさずやっている。一度は台風の中でバスの中にこもって酒を飲んでいたこともある。
若い頃は小幌と言う断崖絶壁の下、一日二本しか止まらぬ汽車の駅から15分ほど歩いていかなければ辿り着けぬ文明とは隔離されたようなところで、味噌米以外食料すべて現地調達でやったものだが、だんだんと交通の便が良いところ、車で行けるところ、トイレがあるところ、水場があるところとなり、どんどん軟弱キャンプになっていった。結局キャンプ場と呼ばれるところに落ち着き、日帰りの団員も増え、テントよりも車で寝るのが主流になった。
しかし常に遊ぶことを模索し、宴会以外、水泳、密漁(時効)、釣り、カヌー、船での岬めぐり、イルカウォッチング等何かしらやっていた。
しかし、今年は晴天にもかかわらず、気温が上がらず(23,4度)海にも入れず、釣りも出来ぬところで、船を出そうにも波が高くイルカも見れず、何も出来ずに寝っ転がって、ただただ青い空、青い海、打ち返す波をぼんやりと見ていた。
きっと歳のせいであろう、もしかするとこんな時間が一番贅沢な時間なのかも知れないなあ、などと思いながら。

      DVC00034.jpg
    
そうそう、今回久しぶりにダッチオーブンでローストチキンを作ったのだが、底にたまったスープが絶品であった。
友人が持ってきた鹿肉のひれもローストし、その肉汁も混ざり、チキン、たまねぎ人参ジャガイモにんにく等野菜の旨みが凝縮されており、まあ不味い訳は無いのだが、60年間俺が飲んだスープのうちで一番ではないかという味だった。
スープを皆で味わった後、料理好きな友人がラーメンにしようと麺を入れチキンラーメン、残ったスープで米を炊きリゾットにし、すべて完食したのでした。

SYU

スポンサーサイト

PageTop

鍋壊し

毎年この時期、昔やっていたスキーのイントラ仲間と黄金でつり大会をしている。今年も先日船を出した。主に宗八カレイ、マガレイ狙いでポツポツだったり入れ食いだったり、いつも楽しく釣っているのだが、時々思いもよらぬものが釣れる。
保安官と呼んでいる大きなヒトデは当たり前、大きなコラーゲンの塊のような得体の知れぬものがかかってきたり、ワラズカと言う怖い顔をしたアナゴを太くしたような気持ち悪い魚が釣れたりする。(これはかまぼこの原料に最高)
去年は友人が食べごろの蛸を釣った。ミズダコでなくヤナギダコだろう、実に旨そうで喜んで持っていった。
今年は一人がホタテを釣って早速刺身で食っていたが、その時俺の竿に大きな当たり、竿がしなってリールを巻くも重くてなかなか上がってこない。カレイが三枚ぐらい付いてきたかと思っていると、上がってきたのは40センチ位のごろんとした太ったカジカ。それもかもめに放り投げるギスカジカではなく、ナベコワシと言われる当別カジカ。頭が体の三分の一近くあり、ものすごい顔をしているのだが、顔に似合わず、この魚は実に旨い。特に大きな肝は絶品、アンコウに匹敵するのではと思っている。何故ナベコワシといわれるかは、鍋から覗くこのグロテスクな顔を見ればすぐに分かるであろう。
結局今回はこの獲物が一番の収穫、5、60枚のカレイは煮つけと干しガレイにし、カジカは味噌汁になって舌鼓を打った家族の胃袋に納まったのでした。
実はナベコワシと呼ばれる理由はもうひとつ、旨くて鍋が壊れるぐらい皆が鍋をつつくから、というのもあるのです。 


        resize0057.jpg

SYU

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。