カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

臨時休業のお知らせ

長雨がやっと明け気持ちの良い天気が続いていますね。
いつも来て頂いているお客様には大変申し訳ないのですが、都合により6月29日より7月18日までお休みさせて頂きます。19日より通常営業いたしますのでよろしくお願いします。

店主

スポンサーサイト

PageTop

懐メロ・・・?

日曜日、伊達で吹奏楽の演奏会があった。会場はカルチャーセンターの大ホール、千人以上入る立派な会場で舞台も広い。オーケストラを呼んだり劇団を呼んだりもしている。
近郊の中学、高校の吹奏楽団と一緒だったのだが彼等はコンクールの度胸試しも兼ね、曲もコンクール用の重厚な緊張感のあるクラッシックが主だった。リハーサルルームでも生徒たちは緊張してぴりぴりした雰囲気だったが、一方我が団は緊張するということを忘れた面々ばかり、ゆるーいリハーサルをして舞台の袖に。
直前の団体は高校生45人以上のA編成、練習をつんでいるだけあってさすが音の響きが良く迫力がある。曲もずいぶん難度の高いものをやっていた。
それに引き換え我が「虻田吹奏楽団」は、集まれた団員二十人弱。歳の合計では圧倒的に上回ってはいるのだが・・・。曲はというと軽い曲ばかり、ビートルズメドレー、恋のバカンス、異邦人とまさに懐メロ、生徒達は生まれる前の曲だからまず知らないだろう。正直言うと俺は若い頃大人の懐メロ好きを嫌悪していたのだが、知らぬうちに好きな曲が皆懐メロになってしまった。今の若者も同じように見ているのだろうか?
前の立派な演奏が終わり、我等の演奏になったのだが、展覧会で油絵の大作が並んでいる中、四コマ漫画がぶら下がっている様な感が拭い切れなかった。

SYU

PageTop

刺青

ワールドカップで寝不足が続いている。日本チームがどうのこうのというのは評論家に任せておくとして、テレビを見ていてどうも気にかかることがある。腕が汚れている選手が多いなと思ったら、入れ墨のようなのだ。しかしあまりに汚らしく見える。外人の美意識を疑ってしまう。俺は入れ墨は本来好きではないのだが、ここは似合いそうな本田に一肌脱いでもらおうか。

本田に頑張って今一度ゴールを決めてもらい、あのアドレナリンの出きった顔でおもむろにユニフォームを脱いでもらう。その時、競技場の何万人もの観客、相手チームのメンバー、そしてテレビを見ている何億人もの視聴者は、皆はっと息を飲むことであろう。
その背中には実に美しい色鮮やかな竜が腰から首にかけて今まさに天に駆け上がらんと汗に輝き躍動しているのである。

唐獅子牡丹でも何でもいいが世界中に日本の刺青の伝統美を見せてやるのだ。
汚れたような入れ墨を持った外国の選手達はきっと腕を隠したくなるに違いない。

SYU

PageTop

清流の味

先日の仇を取ってきた。雨の晴れ間の二時間ほどの川歩き。



早速塩焼きにして俺の胃袋に!今年初物のヤマベはやはり上品なさわやかな味だった。
釣ってきた魚は、魚を食うと言うより、手付かずの清流を味わう、と言う感じなのだ・・・。

ただ、前回ぽちゃんと跳ねた魚が釣れた中に居たかどうかは、ちと分からない。

SYU

PageTop

解禁日?

六月に入り、北海道でもヤマベ(山女)の解禁になった。本州は5月から解禁だが北海道は一月遅い。
一日の夕方、かって知ったる川に行き竿を出す。新緑に包まれた渓流は実に気持ちよい。しかし魚の気配無く、全く当たり無し。解禁になってから行ったってもう居ないよ!と言われるがそんなもんかな。川を変えても当たり無し。結局当たりは帰り際に一度だけ、24,5センチのアメマス一匹釣り上げただけだった。
昨夕も散歩代わりに一時間ほど川を歩いた。やはり当たりは無く、文字通り本当に竿を持った散歩だった。昔悟った「魚の居ない川では魚は釣れぬ。」と言う真理を思い出し竿をたたんでいると、すぐ目の前でポチャンと魚が跳ねた。

PageTop