カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

戦争と平和展

毎年この時期、虻田町の役場の小さなホールで戦争と平和展が開催され、今年もひとつ出品した。戦争中の写真や遺品の展示と別に近在の人の作品、絵や焼き物、木彫りなどが展示されている。
今年は最近作った蜥蜴。去年は蛙、一昨年はなんだったか?今までアンコウ、イルカ、イカなんかを出品した。

         tokage.jpg

戦争とか平和に直接何も関係はないが、平和だからこそこんなものも作れるし、それを見て何か感じてもらえるのだろう。

コメントを一言書くのだがそれがなかなか難しい。
呆れ果てて、開いた口がふさがらぬとか、ものが言えぬとか、無理が通れば道理が引っ込む時代とか考えたのだが、結局こんなコメントになった。

「今程、一人ひとりの想像力が問われている時は無いのではないでしょうか?」


SYU

スポンサーサイト

PageTop

ジャガイモの収穫

台風の影響で雨が続くと言うのでその前にジャガイモの収穫をした。
俺は二つ農場を持っていてジャガイモは農家の友人に借りている第二農場に一畝植えてあった。収穫はどれだけ出来ているのか楽しみなのだが、掘り起こしてみると今年は天候のせいかずいぶん芋が小さい。そのままフライにして食べれる様なのがいっぱいあったが、まあ我が家には十分なぐらいは採れた。

     resize0083.jpg
                          resize0081.jpg

農場はもちろん無農薬、無除草剤でやっているのだが、雑草の勢いにはほとほと参ってしまう。

            resize0082.jpg

この草だらけの畑だが、これでも一週間前に懸命に草を取ったところなのだ。なんだか野菜を育てているより雑草を一生懸命手を掛けて育てているような気がする。

大根も一畝作ったのだがどうしてもいっせいに出来てしまう。出来初めのころは喜んで大根おろしや千切りにして味噌汁、輪切りの煮物などにして食べていたのだが、もう飽きた。誰か貰ってくれる人はいないかと言うともっと立派なのが38円で売っていると妻が言う。
土地を借りている農家がもう大根は終わったと言うので少し貰ってもらうという可笑しなこともあったが、まだ抜かれずに身を焦がしている大根が哀れだ。

第一農場ではきゅうりが毎日3,4本採れてこっちは需要と供給が合っている。
農場の広さだが、第二農場は百坪ぐらい、第一農場はというと実は仕事場の前二坪位のものである。

SYU


PageTop

おかしなツアー

7月があっという間に過ぎ、もう8月だ。

今日久しぶりにパドルを握った。
去年は一度もカヤックに乗らなかったので二年ぶりと言う事になるだろうか。
友人に海で漕ごうと誘われ、礼文の海岸から船出した。この友人は昔から日本でカヤックの最先端を行っている男でスクウォートカヤックの大先輩、今はスタンドアップパドル(SUP)とか言うサーフボードの上に立って漕ぐというなんとも奇妙なスタイルをしている。俺は彼の持ってきたシーカヤックに乗り込む。
天気も良く礼文のキャンプ場はずいぶんのテント、遠浅の浜辺にはたくさんの家族連れが遊んでいた。
秘境の小幌まで行きたいとのことだったが、SUPの格好を見てこれは無理と即座に判断、海上保安庁のお世話にならずに済んだが、それでも30分以上漕いで、礼文の岬の先の小島まで行き、引き返し砂浜に上陸。
SUPなるものに俺も挑戦してみたが波が来るたび沈、なかなか手ごわい。だが立ち上がってしばらく漕げたので良しとする。
この辺は水が綺麗で透明度が高く海底の砂が陽の光に揺らめき輝いている。裸になってしばらく泳いだ。海はやはりいいなあ。浮いて待て、でないけれどぼんやり浮かんでいると青い空に吸い込まれるような気がする。
しばらく遊んで少し波の出てきた海にまた漕ぎ出し、船出した浜に戻った。

童心に帰って(といってもいつも童心の様な気もするが)遊んだ海、実に楽しかった。

彼の雄姿をとくとご覧あれ。

  sup1.jpg

                   sup3 (2)
                                   
                                      sup3 (1)


SYU

PageTop