カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

旧中山道

先日のつき神社の付録。
つき神社は旧中山道沿いにある。それで思い出したのだが、何十年も前だが、ベテランアナウンサーが新人女子アナウンサーの常識の無さを嘆いていた。「旧中山道を歩いて」という文を本番で誤読したと言う。なんと言ったと思います?
「いちにちじゅうやまみちを歩いて」だとさ!これ本当の話。

明日から府中伊勢丹で出店、大国魂神社で神頼みだ!

SYU

スポンサーサイト

PageTop

浦和,調神社

浦和に来て一週間、思ったより涼しく助かっている。
ホテルの近くに調神社というのが有り、朝いつものように何度か神頼みをしに行っている。
小さな神社だが歴史は古く1800年前からあるようだ。調神社はつきじんじゃと読み、地元の人はつきの宮と言っている。
なんでも伊勢神宮の貢物を納めた倉庫が有った様でみつぎからつきと読むようになったそうだ。狛犬ならぬ狛兎、社殿には兎の彫刻、手水も石彫りの兎の口から出ており、いたる所に兎がある。これも月待ち信仰から来たようで、みつぎ、月、兎と三段論法のようで面白い。
境内にはケヤキやイチョウの古木が有り、小さな池もあってなかなか風情がある。
独特の匂いがしたので地面を見るといくつも黄色い銀杏が落ちていた。ホテルとデパートの往復、たまに飲み屋で気が付かなかった「秋」がこんなところに転がっていた。


SYU

PageTop

出稼ぎ?

明日から浦和、府中、水戸と出稼ぎです。
こっちはもう寒いくらいだけど東京はどうなのだろう?
スマホなどもっていない身、いちおう小さなノートパソコンを持っては行くのだが、なんせ老体、XP搭載なのだ。
まだ認知症にはなっていないのだが、抵抗力は弱くウィルス性の病気にかかりやすいようだ。
ぽつらぽつらとブログを書こうと思っているのだが、果たしていつまで元気で居てもらえるものか・・・?

また、楽しい出会いがあると良いな。

SYU

PageTop

実るほど頭を垂れる・・・・・

その後の巨大ひまわり


          rituko 026


懺悔している様に思えてなりません。
とうとう陽に顔を向けることはありませんでした。



SYU

PageTop

秋の北海道物産展

今年も行商の時期になりました。予定が決まったのでお知らせします。

9月23日(火・祝)~9月29日(月)  イセタン浦和店

10月1日(水)~10月6日(月)  イセタン府中店

10月9日(木)~10月15日(水)  水戸京成百貨店

お近くの方、覗きに来てください。

水戸は初めてです。偕楽園、大好きな納豆ぐらいしか思い当たりませんが、どんなところか楽しみです。

実は高校一年の時サッカーの合宿で行ったかと思うのだが、何日目かに熱中症になり殆ど宿で寝ていた。当時炎天下の練習にもかかわらず水を飲んではいけないと言うことで、素直だった俺は言いつけを守っていたのでした。
高熱でふらふらした中、帰路の木造水戸駅便所の情景はなぜか良く覚えている。

SYU

PageTop

すねたヒマワリ

我が家のひまわりがやっと咲いた。
第一農場の際に種をまいたのだが、薪ストーブから出た灰を捨てていたからか、栄養が行き渡り屋根に届くほど巨大になった。どれだけ大きな花が咲くのかと思っていたが、見ての通り、普通の大きさでバランスがえらく悪い。それに加え、ひまわりは陽に向かって咲く筈なのに、どれも皆陽に背を向けている。


              resize0084.jpg



頭が軽いのも、世をひねたように陽に背を向けているのも、植物もどうやら育成者に似るようだ。


SYU


PageTop

行く夏2014

九月になった。もうすっかり秋の風、ここのところ天気良く気持ちの良い日が続いている。

八月最終日、行く夏を追いかけるような気で友人を誘い尻別川に潜りに行った。潜ると言ってもカヤックに乗ってであるが・・・。やっと浮いているようなスクウォートという船に乗って流れを利用し、いかに深く長く潜れるか挑むのである。これが実に気持ち良いのだな。うまく潜るとくるくると回りながら青緑の水中に没し、頭の上の水面が煌き、流水と一体になって川に溶け込んだような気分になる。
まあ傍から見たら溺れている様にしか見えず、何馬鹿なことをやっているのかと思うのだろうが・・・。
護岸工事のせいか潜るポイントが次々無くなる中、二年振りにやっと見つけたポイントで二十年来のスクウォーター達と子供のように遊んだ。水は冷たかったが底の石が見えるほど透明で天気も良く、見上げると青空の中、羊蹄山がドンと威張っていた。
川から上がり、一緒に漕いだニセコの友人の家の庵で焼肉をし、やっと安くなった初物の秋刀魚も食った。炭火で焼いた秋刀魚はもちろん旨いが、文字通り秋をかじっている様でほのかな侘しさを感じるのは何故だろう?
散会後、ニセコの伏流水「甘露水」を汲み、「甘露の森」でサウナに入り温泉につかった。
露天風呂からは、山のシルエットの上に浮かんだ三日月が白く輝き、なんとも言えぬ風情があった。
中身が濃い実に充実した一日、やっと夏の締めくくりが出来た気がした。

resize0085.jpg

付き合ってくれた友に感謝感謝である。


SYU

PageTop