カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋から冬

そろそろブログを書かねばと思っているうちに日が経って、とうとう今朝雪が降ってしまった。
帰道して10日余り、やっとマイペースになってきたのだが、これまで良い天気が続き暖かく、秋の北海道を貪り食っていた。尻別の川で潜り、室蘭でサッカーの納会試合をし、畑で黒豆の収穫、脱穀、巨大ひまわりの種を採り、夕張紅葉山で紅葉狩りをし、鵡川でシシャモのすしを食い、近くの山で山葡萄を採り、内緒の川で山女を釣って納竿。この間薪割が入る。
夕張では姑息なネズミ捕りに引っかかり30年ぶりに警察の忘年会に寄付をすると言う余計なおまけまでついた。

忘れないうちに百歳過ぎのオオサンショウウオとの面会のことを書いておこう。

茨城県、久慈川のほとりに在った保育園と間違えそうな小さな水族館、そこに居たのです、115センチのサンショウウオ、105センチと90センチの仲間と!
館長(と思われるが一人しか居なく飼育員から掃除人から事務員まですべてやっている様)に北海道から観に来たとサンショウウオの木彫りを印刷した名刺を渡すと、喜んでいろいろ話してくれた。出生地を聞くのを忘れたが、ここのサンショウウオは近くの施設で飼っていたものを譲り受け飼っているそうで、前の施設で館長が50年前小学生のときに50センチだったこの個体に会っているので、きっと100歳は超えている筈と言う。
昼は余り動かないのだが、夜になるとうるさいぐらいにどたどたと動き回っていると言う。
餌を食べるところを見たいというと餌を入れてくれた。今食べたのを見たか?と言われたが丁度よそ見をしていて見れなかった。小さな金魚が5,6匹何事も無かった様に泳いでいるだけ。
目は本当に小さく、探してもなかなか見つからぬ程、一般に目があまり見えないと言われている。しかし館長は目はものすごく良いと言う。ピンホールカメラのように見えているのだと。確かに骨格では眼孔が大きく眼球も大きいはずだ。実際全くの闇の中でも餌を捕るとのことだ。また、動物が好きな人と嫌いな人が分かるとも言う。嫌いな人が来ると向こうを向いてしまい顔を見せない、好きな人には愛想を振りまく。昔餌をあげたことがあるという人が来たら、喜んでお腹を見せてぐるぐる回ったと、だんだん眉唾になってくる。
だが、俺も気に入られたものか、あくびをするところを見せてくれたり、しばらく見ているうちにとうとう金魚を食べるところを見せてくれた。
これが不思議な情景だった。それまで鼻の先に金魚が泳ぎ、実に平和な関係だったのだがサンショウウオが動き出した途端、殺気を感じたように一匹の金魚が痙攣しながら水面に逃げようとした。それを水槽の隅に追いつめ大きな口でぱくりと水ごと吸い込んだのだ。他の金魚はそれまでと変わらずぼんやりと泳いでいた。
自然の関係というのはまだまだ分からぬことばかりだ。

これから冬に向かってまっしぐら、そろそろ覚悟をしないといけない。

             resize0009.jpg

SYU

スポンサーサイト

PageTop

行商終了

水戸京成百貨店での北海道物産展も無事終わり、三週間の行商もやっと終わりだ。
水戸では朝の散歩で弘道館、水戸城跡、千波湖に行ったのだが、梅の季節にはいいところだろうなあ、桜の季節に来てみたい、という感じでそれなりには面白かったのだが、季節的にちょっと残念だった。今朝は京成百貨店の食堂から目の前に見え、ずっと気になっていた芸術館のタワーに登ってきた。このタワーは三角形のパネルを螺旋状に組み合わせた建物で、地震があるといつもその揺れがニュース画面に出るというから見たことがある人も多いのではないだろうか。
高さ100メートル、展望階86メートルでエレベーターで一分三十秒かかる。だが展望階の窓は円筒状の小さなもので死角が多く展望ということに関しては不満が残った。まあ何処よりも高かったから良しとするか。この建築は外から見たほうがずっと良い。
明日は山方淡水館という日本で一番小さな水族館を売り文句にしている所に行く。というのもお客さんと話していて、そこに1メートル20センチ、百歳以上のオオサンショウウオが居ると聞いたからだ。3匹のサンショウウオが出迎えてくれるという。前に木曾のサンショウウオの里に行ったのだが、地図ではすぐそばなのに酷い山道でやっと着いたらもう閉まっていたということがあった。作品でオオサンショウウオには随分お世話になっているので、会いに行かないわけにはいかないという訳だ。しかし調べてみるとそこに行く汽車が一時間に一本も無く、帰りの夕方の飛行機に間に合わせるためには、朝から行って滞在時間1時間余りという事になった。
まあ仕方ない、それだけ田舎の良さを車窓からも満喫できるであろう。
百歳以上というオオサンショウウオ、果たしてどんな顔をして迎えてくれるか、実に楽しみである。


SYU

PageTop

社員食堂

今、水戸京成百貨店での北海道物産展に出店しているのだが、8年前に建ったというこのビルが実に良い。9階のイベントホールというところでやっているのだが、最高階のこの階に社員食堂がある。馬鹿と煙は高いところに昇るというが、俺も高い所は大好きだ。総ガラス張りの広々した食堂の二面の窓からは遮るものが無く360度とはいかぬが250度位は見渡せる。海の方だろうか遠く地平線が広がり、北の方には彼方に低い山並みが連なる。先日の皆既月食の天体ショーも設営の合間を縫ってこの食堂から見た。展望台のような実に気持ちのいい食堂、メニューも豊富でなかなか美味い。
それともうひとつ素晴らしいのは社員用のトイレが店舗の客用トイレと同じ様に広く綺麗なことだ。老舗のどんな立派なデパートでも実は社員トイレは酷いもので、仕方なく階段の隅に付けていたり、フェンスで仕切られた奥に邪魔者扱いされるようにあったりし、一階ごとに男女別のトイレだったりするような所も珍しくない。前に風邪で腹を下し、毎回トイレに駆け込むのにえらい目にあったこともある。
こんな風に社員を大事にする組織というのは実に良いものだと思うのだが、ひとつ難を言わせてもらうと、この百貨店、客が少ないのである。

SYU

PageTop

府中の夜

府中も無事終わり、昨日から水戸京成百貨店で出店している。
府中伊勢丹でお世話になった方々、ありがとうございました。

府中ではやはりいろいろな出会いがあった。
高校の知人が弁護士になっていて突然夫婦で訪ねてくれ、丁度都合も良く45年振りに遅くまで飲んだ。
昨年あたりからポツポツと半世紀振りぐらいに会う知人が居るのだが、高校時代の友は皆それぞれの人生で、進路はいろいろでもおおむね性格は変わっていないので面白い。俺の持論だが、大体基本的な人間形成はその頃までに終わっていると思っている。俺自身、残念ながら高校の時からなんら成長していない様に思う。
一晩、高校時代の不真面目コースの悪友どもとデパートで落ち合い飲んだのだが、先に飲み屋に向かった彼らを見て、他の店の人がいったいどんな知り合いなのか不思議な顔をして訊ねてきた。
そのときのメンバーというと、極小編集プロダクションの編集者、個人営業に近い測量会社の社長、外国雑貨や服を商っていた怪しげな元輸入業者、大手一部上場企業の元役員(事情あり)の四人(笑)に俺だったのだが、こんな猛者が集まって久しぶりに飲むのだから面白くないはずが無い。思い出話といえば常識外れの事ばかり、あっという間に終電の時間が近づき散会となった。群馬からはるばる出てきた一人はホテルに泊まり、クルマでの送迎のくせが抜けない元役員はタクシーで帰って行った。

北海道では今紅葉の真っ盛りと聞く。あと一週間、そろそろ北海道が恋しくなってきた。
おっとその前に水戸で面白いところを見つけなければ・・・・。


SYU



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。