カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

食うた宮島、うまか博多

行ってきました、宮島、博多
無事出展も終わり、オフの一日、路面電車に乗りフェリーに乗って世界遺産宮島に上陸。
秋晴れの中、厳島神社、大聖院、千畳閣などを見学、まあたいしたものだったが何と言っても牡蠣が旨かった。牡蠣屋は随分しゃれた店でまるで洋風レストラン、外人も多くイメージとはちょっと違ったが、メニューには載っていない(きっと儲けが無いからだ)牡蠣定食を注文、もちろんビールも!
出て来たのは焼き牡蠣、カキフライはもちろん、オイル漬けから佃煮牡蠣飯までの牡蠣のフルコース。いやー堪能しました。牡蠣は好きで北海道でも良く食べるのだが、こっちの方が味が濃厚な気がする。だが残念なことに広島では生では出さない様で生牡蠣が食べられない。これは、厚岸、サロマ、寿都産、北海道だな。
一杯気分で海まで下りてみると来た時は海の中に建っていた朱塗りの大鳥居だったが、潮が引きたくさんの人が歩いて傍まで行っていた。これも縁だと俺もその仲間入り。柱は太くまあ立派なもので、もう建て替えの時期らしいがこれだけの材が見つからないと言うことだ。
宮島をひきあげ、JR宮島口の前にあるこれも皆に薦められた「うえの」のあなご飯を買い列車に乗り込む。福岡までの新幹線の車中で食うつもりがあっという間に福岡着、風呂上りにホテルの部屋で食ったが、これがまたみなが推奨するだけのことはあり、飯が見えなく敷き詰められたアナゴは香ばしくて実に旨かった。

博多に来るのも初めてなのでホテルから15分ほど歩いて中州の屋台に行ってみた。思ったより店は少なかったがどこも満員で観光客相手の様だった。メニューを見ると随分高い、屋台なのに店より高いとはけしからん!引き返し、ホテルに行く道中、目をつけていた居酒屋に入る。常連の博多弁が飛び交う中、モツ鍋をつつき、北海道ではお目にかかれないアゴとかイカのとんびを焼いてもらう。もちろん芋焼酎お茶割りを飲みながら!テレビでは日本シリーズ第4戦、ソフトバンクが3勝目をあげたところ。賑やかな会話を聞いていて方言はいいなあと思う。今都会はどの街を歩いていても同じで地方色というものが全く無い。広島でもそうであったが方言を聞いて地域を実感する。方言が最後の砦ではないかと思うのだ。グローバルほどつまらんものは無い。

次の日、午前中大濠公園から黒田官兵衛が築いたという福岡城跡を散策、石城と言われるだけあって見事な石積みの中一巡りして天神へ。
ここでは情報通の友人の薦め、ひょうたん寿司に行く。開店20分も前に着いてしまったのだが10人程が並んでおり、その後も続々と人が並ぶ。やっと開店、旬のお勧めを注文、北海道から来たのでこっちでしか食べられないものをと頼み、次々とつまむ。鯖、カンパチ、鯛、イカ、海老、どれも旨く、とらふぐ、のど黒、等も握ってもらう。本マグロのオオトロ、カマトロには頬がとろけた。そのあと飛行機に乗って北海道に帰らねばならぬのでビール一本で我慢して店を出たが、勘定が安いのに驚く。出たときは昼時でもう長蛇の列が出来ていた。
これも情報通のお勧め明太子の切れ子家庭用というのを買い込み飛行機に乗り込んだ。
機内では炙り明太子をあてに缶ビール!
旨かった広島、博多!

SYU

スポンサーサイト

PageTop

財布

又やってしまった!
仕事帰り一人で前から気になっていたそば屋に入り、人気だという蕎麦と三種の利き酒ができるという酒を注文し、やはりその前にビールだろうと一杯頼んだ。その瞬間ハッと気付いたのだ。財布をデパートに忘れて来てしまったことを!
慌てて店員に話し、取りに行くからと店を出たが、その時にはビールが注がれていた。十分程ダッシュしデパートに戻り、残業をしていた娘に笑われ、財布を持ってまたダッシュ!
店に戻ると混み合っていたにもかかわらず俺の席が空けてあり、すぐにビールが運ばれてきた。詫びを言い、もう気が抜けているかと思うと、冷たいのを用意しましたと有り難い話し。息の切れている体にこのビールの美味かったこと!
思えば府中でも同じようなことが有ったっけ。一度など世話になったお礼にごちそうし、払うだんになって気づき赤っ恥を書いたこともあった。まあ情けない話しばかりだ。
その店で三種の酒をゆっくり味わい、板に乗った香り高いソバをたぐった。
店員が嫌な顔もせず対応してくれた事もあり実に美味かった。
普段ブログで店の名など出さぬのだがこの店は言っておきたい。「香り家」と言う洒落た蕎麦屋である。お店の皆さん、ありがとうございいました。

広島の仕事もあと一日、こっちでは日中まだ暑いくらいだが、北海道では雪が舞い、エアコンを使っていたうちの店でも昨日とうとう薪ストーブの火入れをしたという。帰ったらいよいよ冬支度だ!

SYU

PageTop

広島

暫くブログから遠ざかってしまったが、今ソゴウ広島店に出展している。
府中から北海道に帰り、一週間しばし羽を休め、広島に来てもう一週間になる。
広島はさすがに暖かい。北海道を出るときダウンだったのがこっちに着くと毎日半袖だ。
ここのところ天気も良く、初めての広島でもあり毎朝散歩をしている。平和公園、原爆ドーム、広島城、縮景園などを見て回った。と言ってもデパートの開店前なので急ぎ足ではあるが・・・
昨朝は平和記念館に行った。あまり刺激の強い展示はされなくなったようだが、あらためて戦争の酷さ悲惨さを感じ、二メートル足らずの一つの爆弾に積まれたたった数キロのウラニウムの核融合の破壊力の怖ろしさを見せつけられた。一瞬のうちに十数万人の命を奪い、三十万人以上の被災者を出し三キロ四方にわたり街を焦土と化した。その後の広島の人たちの苦しみは言うまでもなかろう。
やはりどんなに甘い誘惑があろうと原子力は人間の触れてはいけない領域だとあらためて思う。

しかし町の復興は凄いもので今の広島から70年前の姿はなかなか想像出来ない。
川は美しく流れ、ビルや家々は整然と建ち並び、広い道路に路面電車が行き交う。なぜかほっとする光景だ。

もちろん夜の散策も欠かしていない。ひとりでお好み焼き屋に入り、目の前にきた分厚いお好み焼きを他人の食べ方を見てはそれに習いこてを使って食った。さすが広島名物、味だけでなく賑やかな店の雰囲気が相まって実に楽しかった。瀬戸内海の魚も味わっているが、真打ちの牡蠣とアナゴ飯は仕事が終わってからの路面電車で行く宮島にとってある。
どこの店が美味いか地元のデパートの店員に聞くと皆それぞれ言うことが違い、はたしてどこで食うか、なかなか悩むところではある。

Syu

PageTop