カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

旧甲州街道

今、催事の仕事で府中に来てもう10日程になる。毎朝散歩をしているのだが、先日は旧甲州街道を西に歩いてみた。 
人間古くなると旧とか古という字を見るとふらふらと引き寄せられてしまう。
旧市街、旧家、古地図、古文書、古美術、骨董にひかれだしたら人間古くなってきた証拠だ。
その時も旧甲州街道という看板につられてしまった。
今は自動車が行き交う道も、その昔土方や近藤が刀を差して歩いていたかと思うとなかなか楽しい。
新しい家や商店が並ぶ街並みも古い家がポツポツとあり、黒い板壁に立派な瓦,その瓦から草が生えていたりする。
路地にはいると小さなほこらが在ったり、丁寧にまつられた古木があったり、そこここの石畳や石垣に遠い昔が偲ばれる。
よく手入れをされた庭がところどころに残っていて、そんな庭の古い木がどれだけの人の生活を見てきたのかと思う。
そんなふうに路地を歩いているとつい時間を忘れ、慌てて引き返すのだが、今心配なのは不審者と思われそのうち警察に通報されるのではないかということだ。うろうろと歩き、庭をのぞき込んだりしているのだからそれも不思議ではない。
その時に若い警察官にこの高尚な趣味を話して果たして理解されるであろうか・・・・?

SYU


スポンサーサイト

PageTop

満開の桜

今東京では桜が満開な様だ。テレビのニュースで千鳥が淵の桜が堀に写っている映像を見て随分昔の事を思い出した。もう半世紀近く経つんだなあ。

高校を出て大学も受けずにいた俺は無鉄砲にもパリに行こうとフランス語学校に入った。実は若さゆえの無謀さで言葉など向こうに行って覚えればいい、と思っていたのだが、一緒に行こうと言っていた友が、フランスでは英語が通じない、会話だけは出来るようせねば、と言うので仕方なく付き合った。だが英語の発音さえおぼつかないのにフランス語は母音だけでも日本語の倍以上あり聞き取れないこと甚だしい。鬱々としながら授業を受けて一週間、御茶ノ水にあった学校まで通う途中、市ヶ谷から飯田橋のあたりだろうか、車窓からは外堀に写る満開の桜。ふと語学など馬鹿らしくなり教室の中で勉強などしている場合でないと、途中下車。土手を歩き連なる桜の花の狭間からの青空を見、水面に写る花を見た。そしてそのまま二度とその学校に行かずに家も出た。

今もあの桜、満開の情景は残っているのだろうか?
あの時、桜があれほど美しく妖艶でなく、俺も多感でなければまた違った人生を歩いていたかもしれない。将棋の指し手で言うと「それもまた一局!」

余談だが才能もあり勤勉だった友は今フランスの超有名ブランドの重役である。
俺はと言うと、未だフランスに足を踏み入れたことも無い。

SYU

PageTop

臨時休業のお知らせ

四月になりました。皆それぞれ新しい生活が始まるのでしょうね。
特に若い方、素敵な未来に足を踏み出してください。

私事ですがちょっと用事を足しに内地に行くので10日程お店を休みにさせて頂きます。
4月3日から定休日をはさんで13日まで臨時休業、14日からいつもどおり営業です。
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

向こうでは今満開の桜が見られそうです。

杢店主

PageTop