カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

ガマガエル

ガマガエルを彫った。
かえるは彫らないのかとよく言われていたのだが、彫るならガマガエルと決めていた。

まだ新宿にも「どぶ」があった時代の話

百人町というところに住んでいたのだが道も舗装ではなく砂利道、雨の後には水溜り、トラックがよくスタッグして出られないでいた。小学生だった俺は仲間と、どぶでおけらを見つけては「お前のちんちんどーのくらい?」と言っておけらが手を広げるのを喜んで見ていた。
近くに広い舗装道路が出来たときには、格好の遊び場、野球をやったりローラースケートをしたりしていた。たまに通るバスやトラックの排気ガスを吸っては喜んでいた。
そんな頃、高田馬場に住んでいた友達の家の庭で遊んでいた時、何かごそごそ動く塊が在った。それが始めて対面したガマガエルであった。体中いぼだらけ、気持ち悪い物体がのそのそ歩いていた。おっかなびっくりではあったが、木の枝か何かでこずいていると、指が前足四本、後ろ足六本だと見つける。がまの油売りの口上で、筑波のがまは、前足が四本、後ろの足は六本と聞いていたのだが、指とは思わず怪獣のようながまを想像していた。このとき初めて指のことだったのかと知り、それでもとても不思議に思ったことを覚えている。その後のことは覚えていないが、きっと子供の習性、かえるをいじくるのも飽きて違うことに夢中になり、一方、命拾いしたがまは何も無かった様に、日向ぼっこでもして、またのそのそ何所か彼のねぐらへ帰って行ったのだろう。


resize0047.jpg

SYU



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ゴトビキ

ご無沙汰してました。
ガマガエル、実家にもいましたね、子供の頃。
実家の庭はどこまで掘っても砂利と砂の恐ろしく水はけの良いところで、緑豊富って訳では全然なかったのだけど、夕方、砂利の上に、でんと座っている塊がいて、びっくりさせられました。
実家の方では、「ゴトビキ」って呼んでました。

こちら、年明け早々また肋に皹いれたりと多難な2013年のスタートでしたが、今は元気に復帰してます。
来月、失業したらまた遊びに寄らせてもらいます。

yamakado | URL | 2013-02-10(Sun)16:07 [編集]


あの頃のガマガエルは何処に行ったのか、何年後かには居場所がなくなったのだろうなあ。
42年前、俺も都会には居れなくなって北海道に来たのでした。

SYU | URL | 2013-02-11(Mon)01:31 [編集]