カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

骨董スキー

先日、散歩用の自衛隊御用達のスキーの閉め具の皮がとうとう切れてしまった。それも山の中、幸いなことに下ったところに道路があるのを知っていたので片足で滑り降り事なきを得たが、山奥に入っていたら大変なことだった。
ともかく散歩が出来なくなるのは困ったことで、これ以上体重が増えるのを抑える為にもすぐに修理しなくてはならない。
知り合いに聞いてみたが、近くで直してもらえそうなところも無く、前にニセコの知り合いが札幌秀岳荘に部品があるというようなことを言っていたのを思い出し、電話をしてみた。二十年以上も前の物なので同じ締め具を今も使っているとは思えなかったが、それぞれのパーツは何も代わっていないと言う。切れたパーツの他のところ何処も瀕死の状態だったので締め具一式すべて交換することにし、注文し送ってもらった。2日後届いた締め具を早速スキーに取り付けたのだが、ビスの位置も寸分違わず皮ベルトも全く同じものであった。これであと又二十年ぐらいは心配無く乗れると思い嬉しかったのだが、昔の装備が未だに使えるということの反面、果たして自衛隊としてこれで良いのかな?という思いがある。スキーの性能はこの二十年で驚くほどの進化をしていて、当時のスキーはもう見かけないほどだ。今で考えれば、太く短くしたスキーで登坂性と滑走性をもっと備えたスキーが出来るはずだ。

自衛隊の装備の中でこんなのは山スキーだけなら良いが・・・衣服、寝袋、テント、そして・・・・果たして?

なんだかきな臭くなってきた昨今、まあこんなのんびりした隊であり続けられることを願ってはいるのだが。


SYU
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する