カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

鯉川温泉

昨日、今シーズン初めてニセコアンヌプリ山頂から北斜を滑ってきた。
一週間以上天候、雪崩の危険のため、山頂に登るゲートが開いておらず、山には雪がたまっている筈、天気予報を見ながら満を持してニセコに来たのだ。上のリフトも動き、ゲートも開くという。ここまでは思惑通り、だが同じ事を考える人は多く一番上のリフトは長蛇の列、20分位も待っただろうか。この間に急に風が強くなりゲートを出て登り始めると地吹雪がもの凄くなり、山頂に行く尾根では真っ直ぐに歩けず、あおられぬ様時々止まらなくてはならぬほど。
30分程で山頂に着くが、晴れたときに見えるニセコ連山、羊蹄山、積丹半島の向こうの日本海などいったい何処にあるものか?ただただ真っ白い世界。期待した北斜も、新雪は風邪に飛ばされ叩かれて硬いバーンになり、何も見えぬ中ひたすら慎重に降りただけであった。それでも麓のほうの林の中、風下の斜面は少し重い雪ではあったが三次元の雪を気持ちよく滑ることは出来た。
北斜は残念であったが贅沢は言えない、登れただけで満足しなければ!

帰りは昆布温泉でニセコの湧水を汲んで、久しぶりにひなびた温泉、鯉川温泉に入った。今では小さな滝の横の露天風呂が有名だが昔は露天風呂も無く、40年ぐらい前、妻とたまたまここに来て男女別の脱衣所から風呂場に入ると「あれ、こんにちは」と驚いた事があった。浴槽もひとつしかなく全くの混浴だったのだ。
のんびりしたおおらかな時代だった。

SYU
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する