カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

一歳になったチャロ

秋も深まり木枯らしが吹き出す頃になるともう草は枯れて干草を食べるようになった。納屋の横にあった農具を置いてあった下屋をチャロの部屋にし、藁を敷いて餌台を作りその中に干草を入れていた。すのこのような木の隙間から牧草を口で器用に引っ張り出し好きなだけ食べるのだ。。栄養価が高いと言うオーストラリアの牧草の塊を農協で仕入れたり、妻の知り合いに牛飼いが居るというのでオロフレ峠まで牧草ロールを分けてもらいに行ったこともあった。岩塩を貰ったり考えてみるといろんな人に随分世話になったものだ。
雪が積もり、すっかり白銀の世界になり、氷点下の日が多くなっても、チャロはさすがに純毛の断熱材で吹雪の時以外は雪の中に出て元気に歩き回ったり、しゃがみこんで口をもぐもぐ動かし食べた牧草を反芻していた。何を考えているものか、なにしろマイペースでのんびりとくつろいでいた。まずは面倒なことはしない、急がない、慌てない、余計なことは考えないと言うなんとも羨ましい哲学を実践していた様に思う。座ったままの格好でその上に雪が数センチ積もっていたこともあった。
春が来て雪が解け始め黒い土が出てきた頃、妻と三週間ほど旅行に出ることになった。
一歳になったチャロをどうするかということになり、食べるわけにもいかぬので洞爺村の蕎麦屋の友人に預けることにした。この友人Tさん夫妻は動物が大好きでありとあらゆるものを飼っていた。犬猫はもちろんアヒル、九官鳥、カラスまで。カラスの話は泣ける話で、子カラスを餌付けしやっとなついたのだが、人を警戒しなかったため、隣の唐黍畑で農夫に殺されてしまったと言う。
チャロを預けた時は大きいポニーを飼いだして子供を生ませるのだと言っていた時だった。喜んで預かってくれるという事で大きくなったチャロをライトバンの荷室に積んで洞爺村に運んだ。この時はまだこの後、彼女の人生いや羊生が大きく変わるとは誰も思って居なかった。

疲れたので、また続く・・・・。果たしてこのあといったいどんなことが彼女を待っているのだろうか?乞うご期待!

SYU


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-03-01(Sun)01:48 [編集]