カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

チャロ最終章

夢遊館という蕎麦屋は湖を一望できる半円形の壁一面の窓があり、その景色を見ながら手打ちのそばを食えるのである。そんなところで客がのんびりくつろいで景色を見ているとその前をドコドコ羊が横切る、なんだなんだと驚いていると、その後からドドッとポニーが横切る。今度は反対に下手からドコドコ。客は皆あっけにとられると言うわけだ。こんな追いかけっこか鬼ごっこをチャロはポニーといつもやっていた。結構お店に来る客の人気者にもなっていたらしい。

夏になって毛刈りをしてみたが大変だったと言うのでさっそく行ってみた。何でもチャロに背負い投げをされてTさんがはさみを持ったまま崖の下に転げ落とされたと言う。羊の毛狩りは基本的に座らせて後ろから抱きかかえるようにし、はさみで刈り込んでいくのだが、その途中チャロが暴れて見事一本取ったという。丸裸になったチャロを見るとさもありなん、体中血だらけで遠くから見るとピンクの羊になっていた。

牧柵でも苦労したと聞く。牧柵とは移動できる十坪位の電気を通す針金で囲われた柵でポニー二頭とチャロを入れておいたそうだ。ポニーは体が触れるとビリッとするので柵には触れずおとなしくしていたらしいのだが、チャロは顔が触れるとビリッとするが顔以外は分厚い羊毛が絶縁材になることを知りお尻で柵を倒して皆を脱走させたという。それも一度でなく何度も。その度にTさんは警察に呼ばれ、さすらっている馬を捕まえに行き、始末書を書かされたそうだ。当のチャロは何事も無かったように暫くすると戻って来、蕎麦屋の入り口のドアをかじっていたと言う。一般に羊は脳味噌の量が少なく賢くは無いと言われているがそんなことは無いと奥さんが力説していた。結局チャロのおかげで広い土地をぐるっと柵で囲わなくてはならぬ羽目になったそうだ。

チャロが転居して一年半も過ぎた頃だろうか、夢遊館で民族楽器のライブがあった。もう日が落ち湖の光がやっと見えるかという黄昏の中、表で大きな声で「チャロー」と呼ぶと遠くの方から「ベェエ~」と返事があった。たまにしか来ぬのに声だけで俺が分かるんだとちょっと胸が熱くなった。

その年の秋、俺が物産展で横浜のデパートに居た時、Tさんから携帯に電話が入った。なんだろうと思うと、随分落ち込んだ声で、チャロを事故で殺してしまったと言う。杭につないで草を食わせていたところ転がって首を吊ってしまったとの事。余りに済まなそうに言うので俺は「しょうがないよ。それでチャロは食ってやったか?」と言うと、「そんなことはとても出来ない、墓を掘って埋めてやった」と消え入りそうな声で言っていた。

チャロを本当に可愛がってくれたTさんも、その後病が発覚し6年間の闘病生活を経て数年前に亡くなってしまった。
夢遊館の後はやはりアウトドアを仕事にしている人に貸し今ネイチャーセンターの様なものになっている。

ひょんな事からチャロの事を思い出し、忘れていた事等奥さんに聞き拙い文にしてみたが、未熟児で生まれた本当に小さな羊がその後の成長とともに俺の心をどれだけ豊かにしてくれたか、今にして感じ入るのである。

放し飼いが出来ない等ペットを飼うことが随分窮屈になった現在、広い土地さえあれば又羊は飼いたいと思う。だが俺も年を重ね時代も変わった今、果たしてチャロのような羊が居るのだろうか。

SYU



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する