カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

渋谷毅さんライブのお知らせ

今年の7月3日、杢での初ライブ、心に沁みる演奏をしてくれたジャズピアノの渋谷毅さんが11月にまた来てくれることになりました。前回はミニライブだったのですが、今回はミニが取れてのジャズライブです。
ミニが着いているのといないのとどこが違うのかは実はよく分かりませんが、きっと気合の違いのようなものでしょう。大盛況だった前回にも増してまた素晴しい演奏を聞かせてくれる筈です。
今日やっと、ポスター、チケットを作りました。
11月23日水曜日(勤労感謝の日で休日)PM6:00 開場 PM6:30 開演
カフェギャラリー杢にて  ワンドリンク付き2000円です。
残念ながら店が狭く、薪ストーブも出さねばならず、30席限定です。
一杯飲みながら、優しく暖かく実に美しいジャズを聴くなどという贅沢を味わいたい方は、是非早めのご予約を!    連絡先、0142-76-3597 カフェギャラリー杢です。

渋谷さんのブログからのプロフィールを掲載しておきます。

渋谷毅(作曲家、ピアニスト)
1939年東京生まれ。東京芸大作曲科中退。
1980年代後半より渋谷毅オーケストラを中心に活動。『LIVE-1989』『LIVE-91』『酔った猫が低い塀を高い塀と間違えて歩いているの図』『TAMASA』『ホームグランド・アケタ・ライヴ』『ずっと西荻』の六つの作品がある。

1960年代後半より映画、CMの作曲家として数多くの作品を手がけ、映画に『あにいもうと』(今井正監督)『潮騒』(森谷司郎監督)『はだしのゲン』(山田典吾監督)『俺は田舎のプレスリー』(満友敬司監督)、最近では『嫌われ松子の一生』(中島哲也監督)があり(日本アカデミー賞最優秀音楽賞)、CM作品では松下電器の『テクニクス』でACC賞グランプリを受賞。
また、浅川マキ、金子マリ、小川美潮などのヴォーカリストからの信頼も厚く、特に浅川マキは1993年に自分のプロデュースによる三枚のレコーディング全てに渋谷毅を起用している。
歌手への作品提供では、由紀さおりの『生きがい』『初恋の丘』などのヒット曲があり、NHKの子供番組『おかあさんといっしょ』にも多くの作品を提供、『こんなこいるかな』『ボクのミツクスジュース』『くじらの時計』『チョンマゲマーチ』などが有名である。現在、放映中のNHK-TV、『ピタゴラスイッチ・フレーミー』の音楽も渋谷毅の作曲によるもの。
1999年秋に発表した『エッセンシャル・エリントン』でジャズ・ディスク大賞・日本ジャズ賞を受賞、2001年秋に発表した森山威男とのデュオ作品『しーそー』ではジャズ・ディスク大賞・日本ジャズ賞と芸術祭優秀賞を受賞した。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして

名古屋のichiさんのブログから拝見してます

またSolusさんもブログ友達です
名古屋で出展、おめでとうございます
猫ちゃんの木彫り見ましたが
表情がリアルでビックリしました
是非機会ありましたらカフェも行ってみたいです
ジャズライブも良いですね
名古屋のお仕事頑張って下さい

aimableエマーブル | URL | 2011-10-11(Tue)16:18 [編集]


金曜日の夜に三越におじゃましましたichiです。
初めてお会いしたとは思えず、
つい長居をして話し込んでしまいました。
気さくにお話して貰えて嬉しかったです。
(とても人見知りなもので)
名古屋は商売には厳しい土地柄ですが、
こりずにまた来てください。

ichi | URL | 2011-10-15(Sat)01:37 [編集]