カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

年賀状

ここのところ毎日雪がぱらつき、裏の畑にも十数センチ積もっている。北海道では温暖な此処虻田でも、きっとこれが根雪になるであろう。
今年も後十日余りを残すのみになった。この時期いつも頭を悩ますのが年賀状である。
何故だか小学校四年の時から必ず木版の賀状を作ってきた。よくは覚えていないのだが、字が汚い俺は木版にすれば字を書かなくてすむ、というような訳で始めたのだろう。それから50年、何年かサボったことはあるのだが毎年どうにか賀状を刷ってきた。
しかし貰ったほうは困った方が少なからずいたのではないだろうか?
賀状は本来、正月になってから書くべきだと、雑煮を食って酒を飲みながらのんびり一筆入れて松の内に出せばいいと決めたり、デザインが決まらず、二月ごろになってやっと出したり、寒が過ぎての寒中見舞いになったりとだらしない。それも賀状が来た来ないにかかわらず出すのである。
ここのところは年内に出す様にはしているが、今年はまだデザインが浮かんでいない。というかまだ考えていない。
いままでテーマはこれと決まったものは無く、風景だったり、心象風景、抽象、干支だったりといろいろだ。
去年はもちをつき終わった月のウサギが、青い地球を眺めながら一杯飲んでいるという図だった。
さて今年はどんな賀状を作ろうか?干支の龍とはあまり縁がないしなあ・・・。
毎年、もっと事前に考えておけばどれだけ楽かとは思うのだが、やはり締め切りに追われる作家のごとく、間際にならぬとどうもひねりだせぬようだ。


SYU
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「締め切りの追われる作家」とは素敵な表現です。「夏休み終了間際にならないと、宿題やらない小学生」とは、深いところで違うんでしょうね。
荒井さんの年賀状は毎年楽しみにしています。
裏も表もすべて印刷だけの人には、今年から年賀状出すのやめようかと思案中です。

yamakado | URL | 2011-12-20(Tue)19:54 [編集]