カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

その後

ぎっくり腰、予定通り二日で治りました。
針を打ちに行った時にはもう大分良くなり、歩くことも運転も出来た。
可笑しかったのは、知り合いの鍼灸師も二度腰痛に悩まされたことがあったと言う。自分で針を打ったのか聞いたのだが、さすがに自分では打てなかったようで、マッケンジー体操とかで良くなったとのこと。
針のありがたみが少し薄れた。

針を初めて打ったのは、もう二十年以上前、スキーの大会の前に練習で膝を傷めてしまい、藁にでもすがる思いで診てもらったのだ。行きに必死で上がった階段を、帰りはすたすた降りられるほどの効果、驚異的なものであった。

今回、三日目は少し自重しながら動いていたが、その後は普段どおりの生活に戻れた。
この結果は俺の回復力の強さか、針の効力か、難しいところではある。

SYU

つまらぬ話ですが・・・
政府がまた原発で姑息な手段を使いだした。原発に対して国民の意見を聞く意見聴取会なるものを開き、茶番を始めた。想定データーも人選も全くおかしく、透明性は何処にも無い。如何に原発を維持するか、小学生でも分かるような思惑である。
一月後に野田と数人で将来の原発比率を決めると言う。

税制もそうだが、将来の日本のあり方を左右する一番大事なことをこんなに拙速に、個人の判断で決めて良い筈が無い!野田は電力会社の良い番頭である。このままでは2030年の原発依存度20~25%に決定されるのは必然!
といって、自分が何を出来るのか? 無力感は否定出来ぬのですが、ここで皆声を上げなければと思うのです。福島が風化する前に、原発を止められるのは今しかないのですから。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

魔女?

ぎっくり腰、お早い回復で何よりです。
でも一撃食らわしたのは魔女かな?少なくとも若い美人な魔女ではないでしょう。川から山姥連れてきたのかも。

俺は、先週肋骨折りました。胸骨と繋がっていない下のほうの1本なので、前回(10年前)より随分楽。でも10年の歳月が治りを遅くしてるかも。まぁ、何れにしても仕事は当面休みです。

やっぱり、声上げてそれを広げて、片っ端から原発設置県の知事を脱原発の人に代えていくしかないのでしょうか。
本当に「取り返しがつかない」って言葉は原発のためにあるような言葉です。そうならないためにも・・・もうなってるけど。

yamakado | URL | 2012-07-23(Mon)15:37 [編集]