カフェギャラりー杢&木彫工房SYU

洞爺湖町にあるカフェギャラりー杢&木彫工房SYUのブログです。

夕張の元気オヤジ達(北海道シニアサッカー大会)

今日は一日体が重かった。と言うのも土日、夕張でサッカーの試合をやってきたからだ。

この大会は毎年函館から稚内、釧路まで北海道中から元気なオヤジが集まる大会、過疎の夕張がこの日は何処を見ても四十歳以上のオヤジだらけになる。42チーム芝生四面のサッカーコートを使っての2日間の大会である。

俺は今年から六十雀のチーム、一番の若手である。我がコートはほとんどの頭が禿か白髪、いい年をしたオヤジというよりジイサンが三十度にもなろうという炎天下で、子供のように球を追いかけて走り回っている。
七十雀のチームもあり最高齢は九十一歳というから頭が下がる。
2日間で四試合、いささか厳しい日程、2日目は何処を見ても動きが鈍い。おそらくどのチームも、前日の二試合の疲れに加え、夜の懇親会(これが最重要)の酒が残っているのであろう。我がチームも2日目は連勝した初日と一転、パスは通らず動きも悪く、一敗一分け、どうもすっきりとしない試合だった。

毎年、どこかで救急車の迎えが来ていたのだが、幸い大きな怪我も無かったのであろう今年はサイレンが聞こえなかった。

試合の待ち時間に夕張鹿鳴館(元鹿ノ谷クラブ)に行ったり、なかなか充実した遠征であったが、なんと言っても一番うれしかったのは、アシストを決めた時よりも、初日一チームだけ特別参加のなでしこチームとの対戦後、娘のような歳の女性に「本当に六十過ぎ?お父さん元気過ぎだわ!」と言われた事か・・・・。
違うシュチエーションでも言われてみたいものだ。

毎年、この大会で無数の赤とんぼを見て秋を感じる。今年は暑くまだまだ夏の真っ盛りのようだが、ピッチの上を数は少ないもののやはり赤とんぼが舞っていた。

SYU
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する